さくら→さくらサーバへの移行がやっとできた

日記

以前から「サーバのレスポンスが遅いよ!」とGoogleから怒られていました。
実際、画面遷移がモタモタとしていたり、記事を書いていても、どんどんカクついてきたり、、、

モタモタ、カクカクなので、記事を書いたり、サイトを修正する気がなくなります。
せっかくのやる気が奪われていくんですね。

よし、今日は記事を書くぞ!→
モタモタ、カクカク、遅い、遅い、、、→
遅いから、ちょっと休憩するか→
もう、明日でいいや、、、→
よし、今日は記事を書くぞ!→

という感じで、ダメなループに入ってしまっていました。

でも、なんでこんな重い&遅いんだろう?

たまに送られてくる、さくらからのメールでPHPのモジュール版に対応したことは知っていました。
モジュール版とは何か?
こちらをお読みください。

モジュール版PHPは、簡単に言うと、メモリをたくさん使うけれども、実行速度がとても速くなるというものです。この結果、これまでよりも格段にWordPressなどのPHPアプリケーションの実行パフォーマンスが向上しました。当社比では旧環境(PHP5.6 CGI版)と比較すると最大16倍程度高速化しています。

さくらのレンタルサーバでWordPressサイトを高速に動かす方法。モジュール版PHPって何!? : さくらのナレッジ より引用

最大16倍の高速化ですから、少なくともこんなに重くなったり、遅くなったりするのはおかしいはずです。
とあれば、サイトやサーバの設定がおかしいのか、プラグインが重いのか、はたまた別の何かか。

ですが、読み進めていくと、、、

2018年4月17日以前からスタンダードプランをご契約のお客様は残念ながらモジュール版はご利用頂けません。機器更新のタイミングでサーバがリプレイスされる場合があり、その際はモジュール版PHPが利用できるようになる可能性がありますが、基本的には新規で契約をして頂き古いサーバからの引越し作業をお願いしております。

さくらのレンタルサーバでWordPressサイトを高速に動かす方法。モジュール版PHPって何!? : さくらのナレッジ より引用

あー。
たしか契約したのは2016年くらいだったと思います。
あやふやですが、2018年ではないはずです。

確認をしてみましょう。
モジュール版を使えるかどうかは、サーバの番号で分かるそうです。
PHPのバージョン変更 : さくらのサポート情報

サーバ番号が www3701~ だとモジュール版が使える。
サーバ番号が ~www3700 だとモジュール版が使えない。

コントロールパネルでサーバの番号を調べてみると、、、

やっぱり、モジュール版の対象外でした。

と、実は結構前から使えないことは知っていたのですが、見てみぬふり。
遅くても、使えることは使えるし、なぁ、、、と(ダメなループに入っていましたが)

ですが、先日あまりにも遅いので、PageSpeed Insightsにて速さを測ったら49を叩き出しました。
49%はさすがにマズい。

ようやく重い腰をあげて、移行作業をすることにしました。
それが2020年12月23日のことです。

ですが、一筋縄ではいかず。
初めてのサーバ移行でなかなかうまく行かずに結構な時間がかかってしまいました。

Snapupを使っての移行

最初はこちらのサイトを参考に進めていました。
さくらからさくらへレンタルサーバーの引っ越し手順【SSL設定済みのサイトの場合】 : たくみぶ

ですが、サーバ移行について調べていく内に、Snapupという機能を使った方が手順が少なく簡単そうだと気づきました。
さくらサーバーでWordPress高速化サーバーへ乗り換える手順(2018年4月17日以前の契約ユーザーが対象) : 自分のアップデート

最初の方法は中断し、Snapupを使う方法へと変更。
結果としては、Snapupを使ってよかったです。

トラブルが発生して、手がつけられなくなっても元の状態に戻せるのは気が楽です(しかも、すぐに戻せる)
テストサーバが使えるのもgoodです。

トラブル一覧

手順は上のサイトに書いてあるとおりにやったので、割愛します。
その際に起こった3つのトラブルと解決方法を書いていきます。

何をやっても、リダイレクトエラーを吐き出し続ける

これが1番悩みました。
原因はWPに入れてある「Permalink Redirect」というプラグインが原因でした。
原因が分かってしまえば、なんだそんなところか。となるんですけどね。

サーバを移行したので、ページがない→ページがないのでリダイレクトする→リダイレクトしてもページがない……
多分、こんな感じで無限ループに入っていたのでしょう。

サーバーやWP側の設定を色々いじってみても直らずお手上げだったのですが、インストールしてあるプラグインが原因かもしれない。オフにすれば直るかも?という記事を見つけました。

オフの仕方はサーバのコントロールパネルからファイルマネージャーを開き、wp-contentにあるpluginsフォルダの名前を変更するだけ。
リネームすることですべてのプラグインが読み込めなくなり、強制的にオフになるというわけですね。

これをした結果、普通にページが表示されるようになり、プラグインに原因があることが分かりました。
その後、一旦元に戻し、中にあるプラグインをひとつひとつリネームして調べていった結果、「Permalink Redirect」に行き着きました。

ログイン画面にアクセスできない

これはWPのインストール先のフォルダを変更したのが原因でした。
移転前のサーバでは「wp」というフォルダにインストールしていたのですが、「wp-○○○○」と名前を変更したからです。

なぜ変更したのかというと、こちらの記事を読んだからです。
Webプロデューサー白藤沙織(さおりん)のブログ:Webプロデューサー白藤沙織(さおりん)のブログ

「wp」とか「wordpress」とかは予測しやすいので、セキュリティに問題がある、、、
確かにその通りだなと思い、変えたのですが、結果、ログイン画面にアクセスができなくなりました。

解決方法はこちら。
WordPressの一般設定から間違ってwordpress アドレス (url) とサイトアドレス (URL)を入力した場合の2つの解決方法。:Qiita

wp-config.php に define~ を追加しましょうとのことでした。
これで解決しました。

トップ画面にはアクセスできるのに、記事画面がでない

これもパーマリンク関係が原因だと思います。
こちらに書いてある方法を試しながら、色々やっている内に表示されるようになりました。
WordPressでトップページ以外が表示されない時の対処法:フロントエンドな日々

無事にサーバを移行することができた

初めてのサーバ移行作業で戸惑いながらも、なんとか移行することができました。
あーでもないこーでもないとちょこちょこ進めて、大体5日くらいかかったでしょうか。

やるまでは面倒だったのですが、終わったあとはスッキリ。
やってよかったと思います。
あるあるですよね。

PageSpeed Insightsも移行前の49から80程度になりました。
管理画面だったり、投稿画面もカクつかなくなったのは大きいです。

やってよかった。

hanami yozakura

日記

Posted by hanami yozakura