働くことで幸せを感じる瞬間はありますか?

07/05/2019日記

働く人へのインタビュー記事

とある新聞にこんな特集がありました。
テーマは『働いて幸せを感じるとき』

例えば、お菓子作りの仕事をしている女性。
「お客さんが買ってくれた時の笑顔で、また頑張ろうと思いました」
大好きなお菓子が作りたい、私のお菓子を食べて笑顔になってほしいという気持ちです。

ボランティアガイドをしている男性。
「ガイドが終わった後に『ありがとう、助かったよ!』と感謝されると疲れが吹っ飛びます。一言の感謝と明るい笑顔に報われます」

パートをふたつ掛け持ちしている主婦。
「仕事に入る前には、気分が乗らない時もあります。しかし先輩の大きな『今日もよろしくお願いしまーす!』という声で、こちらも頑張るぞという気持ちになる。"はたらく"は、はた(周り)を 楽 にすると書きます。周りを楽しませる。私はそんな、はたらくが出来る人でありたいです」

あなたはどうでしょうか……?

「おいしかった」
「助かった」
「ありがとう」

この言葉であなたが満たされる瞬間はありますか?

最近では、ブラック企業が大きく話題になっていますね。
あなたも自分の『働き方』について考えてみたことがあると思います。

  • 自分はこのままこの会社で働いていくのか?
  • 周りに遅れを取っていないか?
  • 今のままで果たしていいのだろうか?

こんな言葉たちが浮かんできます。
みんな同じように悩んでいるのです。
だから電車の中づり広告には、転職や副業の広告がたくさん貼ってあるのでしょうね。

不安だから、とりあえずネットで調べてみる。

自分の会社はブラックなのか。
社会全体から見たら、会社のレベルはどの位置にあるのか。
同じように悩んでいる人はいないのか。

しかし、調べるだけ。
行動にうつす気力もありません。
不安だけど、現状を変えるのもしんどい。

このままどんどん沈んでいく船だと知っていながら、今も乗り続けているのです。
もしくは誰かが救援に来てくれることを待っています。

あなたにとって『働く』とは?
仕事との付き合い方とは?

沈んでいく船に乗り続けていても、あなたが助かることはありませんよ。

【2018/09/05 追記】

ニュアンスをそのままに書き直しました。
パーマリンクも編集。

この記事は2016/11/23に公開しましたが、2018年でも変わりませんね。
むしろ、勝ち組負け組なんてレッテル貼りがさらにひどくなっているような……。

自分の今の生活を『負け』と決めるのも『勝ち』と決めるのもあなた次第です。

ただ、沈んでいく船は沈んでいくばかりです。再び浮き上がることはありません。
あなたにできること。できないこと。
あると思いますが、決して後悔はしませんように。

3年後のあなたは、今のあなたに何を言うでしょう?

決して後悔だけは残しませんように。

07/05/2019日記

Posted by hanami yozakura