⑮:レオネットスクラッチで10,000ポイント当たるには何日必要?

11/08/2019スクラッチで10,000ポイント当たる?

レオネットスクラッチ:9月結果

  • 1日 1ポイント
  • 2日 1ポイント
  • 3日 10ポイント
  • 4日 1ポイント
  • 5日 1ポイント
  • 6日 100ポイント
  • 7日 1ポイント
  • 8日 1ポイント
  • 9日 1ポイント
  • 10日 1ポイント
  • 11日 10ポイント
  • 12日 10ポイント
  • 13日 1ポイント
  • 14日 1ポイント
  • 15日 1ポイント
  • 16日 1ポイント
  • 17日 10ポイント
  • 18日 1ポイント
  • 19日 1ポイント
  • 20日 1ポイント
  • 21日 1ポイント
  • 22日 1ポイント
  • 23日 10ポイント
  • 24日 1ポイント
  • 25日 1ポイント
  • 26日 1ポイント
  • 27日 1ポイント
  • 28日 1ポイント
  • 29日 1ポイント
  • 30日 1ポイント

9月合計獲得ポイントは174ポイント。

2019年9月のレオネットスクラッチ結果

2018/07 – 2019/09 集計結果

スクラッチ回数:435回

  • 1等 10000ポイント 0回
  • 2等 1000ポイント 0回
  • 3等 100ポイント 14回
  • 4等 10ポイント 66回
  • 5等 1ポイント 355回

10月は消費税の話で持ち切り

どこもかしこもそうですよね。
増税前に「買っとかなきゃ!」と買い込んでいた方も多いです。
ちょっとしたお祭り状態。

未だに10月から増税されるのか?とまるで雲を歩いているかのようにふわふわとしていたのですが、どうやら本当のようでした。

軽減率も何がされて、何がされないのかよくわからず。
店で食べれば10%、持ち帰れば8%。
その線引きが曖昧すぎて、よく分かりませんよね。

これで今年の確定申告はさらに面倒になり、相談コーナーはさらに人がごったがえすでしょう。
税務署の負担も増え、飲食店の負担も増え、いっそ一律10%の方が良かったとの声もあります。

「一体誰のために作られた制度なんだろう……?」と不安を感じます。

日本はキャッシュレス社会へ変化していくのか

最近では、Pay系アプリが乱立して、支払いはスマホで済ませようと推進している空気を感じます。
ですが、私はあまりPay系で買い物したことがありません。

スマホを開いてQRコードを表示させるのが面倒だからです。
SuicaやPASMOを使えば、一瞬で終わることをわざわざスマホでやるのは退化だと思っています。

電子マネーとPay系では全然特徴が違いますし、そもそも比べることはナンセンスだと思いますが……。

キャッシュレスへ進んでいることはいいのです。

お札って色々な人が触っているので、想像しているより汚くて雑菌まみれであると何かの本に書いてありました。
結局は紙ですからね。
たしか、公衆トイレよりも汚いのだとか。

それを財布に入れてわざわざ大切に保管していると思うと……なんだか。

キャッシュレスの波が大きくなって、さらに色々なところで交通マネーが使えるようになれば、財布も持ち歩かなくてよくなるかもしれませんね。

PASMOやSuicaはサイトに登録しないと、キャッシュレスの還元を受けられないみたいなので忘れずにチェックです。
私はつい最近まで知りませんでした。
こちらです。

PASMO(パスモ)キャッシュレスポイント還元サービス
キャッシュレスでJRE POINT還元キャンペーン

さて、1年後はどうなっているのでしょうか?
キャッシュレス社会に近づいているのでしょうか?

次回は⑯
⑯を読む
いままでのまとめはこちら

< ネットサーフィンをしすぎている自分に不安を感じていませんか? >

もしもドキッとしたならば、この記事があなたの役に立つはずです。
『ネットサーフィンをやめたいのに、自分の意思ではやめられないあなたへ』を読む