惰性で生きてる人。生きたいと願う人。何が違う?

07/21/2019明日死ぬとしたら?

今こうしている間にも迫っている制限時間。

この記事には、『あした死ぬかもよ 人生最後の日に笑って死ねる27の質問』にある『しつもん7』の私の答えと思ったことが書いてあります。

・いま抱えている悩みは、たとえ人生最後の日であっても、深刻ですか?

トラウマすらも楽しもうとする坂本龍馬

『しつもん7』の坂本龍馬の話には驚かされます。
なんて器が大きいんだ……。

自分の妻に"名前"をプレゼントする。
その理由は、「おりょうって名前は親からもらった名前だから、オレからも名前をプレゼントしたい」。

粋な男です。
しかもプレゼントした名前は鞆(とも)。

ひすいさんはこの行動をこんな風に書いています。

自分が交通事故に遭った地の名前をプレゼントするようなもの(笑)

ひすいこたろう:あした死ぬかもよ 人生最後の日に笑って死ねる27の質問 P.65 より引用

トラウマになっている場所の名前をこんな粋に使えるなんて……。
名前を呼ぶ度にそのことを思い出すはずなのに。

それでも、龍馬は『鞆』をおりょうにプレゼントしました。

トラブルを楽しみ、トラウマさえも楽しんで、人生を駆け抜けた。
そんな男のエピソードを読んで、何を思いましたか?

楽しむタネで楽しめない私たち

龍馬にとっては『悩み』さえも人生を楽しむタネのひとつだったのでしょう。

私が抱えている悩みも、あなたが抱えている悩みも、龍馬から見れば小さいことに見えるのかな?

どうやって私たちの悩みを面白おかしく楽しんでしまうのでしょうか。
真剣に悩んでいる私たちがバカみたいに。

悩みなんてどうでもよくなってしまいそうです。
「なんで悩んでいたんだろう」なんて思ったりするのかもしれません。

ですが、龍馬はもう生きてはいません。
私たちが龍馬と同じように考えるしかありませんよね。

今すぐに変わることはできないでしょうが、「面白おかしくしようとする気概」は今すぐにでも持てます。

持ち続けていれば、いつかは考え方も引っ張られるように変わってくるでしょう。

マザー・テレサの名言を知っていますか?
こんな有名な言葉です……

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

あなたはたった今、スタート地点に立つことができました。

最後は何もかも手放して、死ぬんです。
思いっきりやりましょう。

思いっきりやってもいいんだよね。

生きたくても、生きれなかった人はいる

この章の最後に書かれていた言葉。

やれる可能性があるやつが努力しないのを見ると胸ぐらつかんで「俺と変われ」と言いたくなる。――23歳で白血病で亡くなった悠希くんが生前に残した言葉

ひすいこたろう:あした死ぬかもよ 人生最後の日に笑って死ねる27の質問 P.72 より引用

Man lives freely only by his readiness to die.
死ぬ覚悟ができて初めて人は自由になる(英語のことわざ)。

ひすいこたろう:あした死ぬかもよ 人生最後の日に笑って死ねる27の質問 P.73 より引用

この世界には、惰性で生きている人もいれば、生きたいと思いながらも死んでいく人もいます。

惰性で生きているのは、制限時間がないと思っているから。
明日も同じように生きていられると思っているから。

間違っていますよね?

人間は必ず死ぬんです。
制限時間は必ずある。

時間は限られているんですよ。

次の質問へ
今までのまとめはこちら

07/21/2019明日死ぬとしたら?

Posted by hanami yozakura