23時29分に死ぬことが分かったとしたら、あなたの頭に真っ先に浮かぶ後悔は何でしょう?

09/09/2019

驚くべきことですが、事実です・・・

この本によれば、人は90%の確率で人生を後悔しながら死んでいくそうです。
あした死ぬかもよ 人生最後の日に笑って死ねる27の質問:Amazon

「それはいったいどうして……?」
誰だってそう思いますよね。

どうして大多数の人は後悔しながら死んでいくのだろうと。
そして、残りの10%はどのような最期を迎えるのだろうと。

「自分はおそらく90%の方だな……」と思って悲しい気持ちにもなっているかもしれません。
あなたの悲しい気持ちを広げるようで申し訳ないのですが、大切なことなのでもう少し掘り下げてみましょう。

もし、あなたが明日の23時29分になったら死んでしまうと分かったら、どうしますか?
あなたは何を思って、何を感じて、自分の人生の何に後悔するのでしょうか、、、?

「どうして明日なんだよ! 他の奴らは普通に生きられるはずだろ! どうして俺だけ……」という怒り。
「私は明日になれば死んでしまうんだ」という悲しみ、虚無感。
泣いて泣いて泣いて、それでも淡々と過ぎていく時間に焦りを抱き、自分が残せるものを考え始めます。

そして、23時29分というタイムリミットを持つあなたが最期にすることは、、、?

これはあくまで架空の話ですが、架空の話ではなくなる可能性もあります。
つまり、あなたは明日死ぬかもしれないということです。

さあ、質問0から読み進めていってください。
過去の私と同じ歩幅で歩きながら、一緒に考えて、共に進んでいってください。

あなたにとってもきっかけとなりますように。

記事のまとめ

【質問0】→『あした死ぬかもよ? 人生最後の日に笑って死ねる27の質問』の答えをひとつずつ書いていくことにした

【質問1】→一生懸命に生きなくていい理由なんてない
【質問2】→1番になれないのに、努力しても意味がないと思っていた
【質問3】→あなたが今、一番伝えたいことでもこのまま胸に秘めておくのですか?
【質問4】→「満点の人生でした」と胸を張って言える終わりを
【質問5】→「あの頃に戻れたら……」と泣きながら後悔する前に

【質問6】→それでも道はできていた
【質問7】→惰性で生きてる人。生きたいと願う人。何が違う?
【質問8】→曖昧な『理想の人生』ではどこにも辿りつけない
【質問9】→私たちの命は有限であり、今も減り続けているのに
【質問10】→すぐ目の前を飛んでいる蝶を追い続けていた人がたどり着く場所

【質問11】→イメージができないことは行動にうつせない
【質問12】→人生のエンドロールにどんな夢を描きたいのか
【質問13】→妖精はいない。じゃあ、やらなきゃならないことは誰がやる?
【質問14】→死ぬまでにしたいことがないあなたへ
【質問15】→誰のために生きる?何のために生きる?この本を読んで、こう生きることにしました

【質問16】→好きなことで生きていくためにたくさんの時間をかける
【質問17】→その命を一体何に使う?
【質問18】→たった0.0001グラムだけど、確かにそこにある『命のエネルギー』
【質問19】→気付かないうちに、誰かが羨んでいる人生を歩めているんだよ
【質問20】→あなたの心を削ぎ落としたとします

【質問21】→何もない人生に後悔するのはもうたくさん
【質問22】→誰にもなることはできないけれど、あなたはあなたになれる
【質問23】→「ただいま」「おかえり」
【質問24】→当たり前に生きていられる奇跡
【質問25】→『頭の声』と『心の声』 あなたはもっとホンキになれる

【質問26】→全部ぜんぶ、生きているからこそ
【質問27】→あなたの人生もこうなりますように

【あとがき】→あした死ぬかもよ? あとがきを読んで

すべてこの本が与えてくれました。

09/09/2019

Posted by hanami yozakura